積極イージングの効果 (平織りのみ)

開口と積極イージング装置の関係

積極イージング装置がない場合

開口時には糸が張るが、閉口時には緩んでしまう。
そのため、高速製織に向かない。
というのも、開口不良が起きやすいからである。

イージング装置がある場合

経糸の開口~閉口動作に合わせてテンションローラーを前後させることで経糸の張力変動を吸収させる

この場合、開口不良が起きづらくなる。
しかし、平織り以外の組織に積極イージングをしてしまうと、糸に余分なストレスをかけてしまう。