お知らせ&記事

  • 2021年7月7日

IOT 稼働率センサーとその不具合

資材系機屋の織機の稼働時間は基本長時間です。また、機械を効率よく動かすためには織機の停止回数が少ないほどいいです。しかし、数台ならまだしも数十台になってくるとどの機械がよく止まっているなどの把握が難しくなってきます。特に弊社は細かく織物を替えを行っているため、機械調整を都度行う必要があります。 昔は手書きで機台データを収集していた。 縦止まり回数、横止まり回数、総筬うち回数を記録していましたが人に […]

  • 2021年6月29日

サイジング ドレン回収について

サイジングは経糸に糊をつけ乾燥させる工程です。乾燥の仕方は温かい空気を出すホットエアー方式と、熱シリンダーを通すシリンダー方式があります。昔の主流はホットエアー+シリンダー方式が一般的でしたが、現行はオールシリンダー方式が一般的になりました。ちなみにシリンダーを暖めるには高圧蒸気を用いる方法が一般的です。 ドレンを回収するべきか、廃棄するべきか ドレンとは? 高圧の蒸気が熱を奪われると水に戻ります […]

  • 2021年6月25日

エアジェット織機 欠点の詳細解説④

製織スピードは織物巾と番手に依存する 例えば織物巾が100cmのときは800回転出せていましたが、織物巾が150cmになると600回転まで落ちてしまうこともあります。 圧縮空気圧に限界がある 糸のスピードを決めるのは圧縮空気の空気圧です。織物の巾が変わるということは糸が飛ぶ距離が変わるということです。距離が変わるのに、同じ時間で緯糸が端まで到達しないと行けないなら、糸速が変わる必要があります。コン […]

  • 2021年6月24日

サイジング 廃ドレン問題

サイジング事業が新しい工場で始まって一年近くたってきてから問題が発生しました。致命的な問題ではないのですが、早めに対応しておいた方がいい問題です。国内で新しくサイジング工場を建てられる事業者の方がいるかはわかりませんが、その時にお役に立てたらいいなぁと思います。 廃ドレンの行き先の配管が塩ビ管だった 塩ビ管の耐熱温度は低く、HT管で90℃、VP管で60℃とされています。それ以上になってしまうと、や […]

  • 2021年6月22日

スプライサーによる弊害

経糸の準備をしているとどうしても糸が少しだけコーンに残ります。 手芸用に使うなら十分な量かもしれませんが、緯糸としてエアジェット織機で再利用しようとした場合、糸の補充頻度が高すぎるため使い物になりません。そこでエアスプライサーと呼ばれる機械を使用して大きく一つに巻き直します。 スプライスとは? つなげる糸同士の端の撚りを圧縮空気により解撚します。そしてその部分を再度圧縮空気により撚糸することで、結 […]

  • 2021年6月17日

三州お試し事業 マイニング編③ やってみた。

実際にやってみましたが、大変でした・・・ グラフィックボードが高い! RTX 3090とRTX 3080を購入してやってみようと思いましたが、めちゃくちゃ高かったです。PCのパーツで10万超えているって想定外もいいところでした。現在はマイニングブームもあり、転売も多く、そのおかげで高騰しているみたいです。 windows defenderに反応する! マイニングソフトを入れて動かそうとすると、ウィ […]

  • 2021年6月16日

エアジェット織機 詳細な仕組み

わかりやすい動画あるので、まずはそちらを見ていただきたいです。 筬の形状がレピアなどと異なる 空気で糸を飛ばしますが、糸を搬送するガイドがないとどこに飛んでいくのかわかりません。そのため、筬の形状をトンネルのような形状にすることでガイドにしています。昔はレピアなどの筬にエアガイドと呼ばれる部品を組み合わせて糸を飛ばしていたのですが、調整が非常にシビアなため、筬の形状を変化させる方向に進化しました。 […]

  • 2021年6月15日

エアジェット織機 大まかな仕組み

緯糸を空気で飛ばします。ざっくりいうとそれだけなんですが、おそらくなぜ空気で?ってところになると思います。今回はその部分を解説していこうと思います。 織機の緯糸の搬送の仕方について 搬送方法は大きく大別して2種類あります。 有杼型 無杼型 上記の2種類があります。有杼というのはシャトル(杼)織機のことを指します。そもそも杼自体が「よこ糸を巻いた管を入れて、たて糸の中をくぐらせる、小さい舟形のもの。 […]