筬計算方法(筬番手計算方式)

数え方はいろいろあるのですが、弊社では昔から筬番手と呼ばれる方式で運用しています。
筬番手方式とは2インチ間に筬羽がいくつあるか、という定義です。
例えば、筬番手が50番手すると、2インチの間に50羽あるということです。

では、実際に織るときはどのように選定しているのかという話ですが、
資材系の織物では基本的にインチ間密度(インチ間に糸が何本あるのか)と織上幅によって規格が決められています。
筬の選定は基本的には織り上げ幅から逆算して決めることが多いです。
ちなみに通し巾というのは下記のように定義しています。
通し巾=織り上げ幅×(1+縮率)
この縮率が難しく、これといって決めれる数値ではありません。
というのも、織物密度や素材、織物組織によって数値が決まるものとなっています。
傾向としては
①糸の屈曲が少ないほど縮率が少ないです。 例:平織(縮率大きい)>朱子織(縮率小さい)
②糸の素材が柔らかいほど縮率が少ないです。 例:ケブラー(縮率大きい)>綿(縮率小さい)
③規格が低密度ほど縮率が少ないです。 例:90×90本/inch(縮率大きい)>30本×30本/inch(縮率小さい)
④糸番手が大きいほど縮率が少ないです。 例:10番手(縮率大きい)>60番手(縮率小さい)

と、いっても新規の織物で検討をつけるためには実際に似たような織物から推察してやるしかりません。
あとは製織しているときの張力などで多少は変動できるので、そのあたりで調整していくのが現実的ですね。