織機の主要構成要素

全体の動きをざっくりと説明。

基本的にはすべての織機に共通しています。
ドロッパーは一部のフィラメントでは使われません。糸によってはダメージを与えてしまうからです。
その場合は光電センサーで糸切れを検知して止めます。が、確実ではないため場合によっては縦方向の織物欠点(経糸抜け)がでます。