ISO 9001を取得する企業としてのメリットとは ②人が変わっても品質が変わらない

ISO9001を役立てるための弊社としての考え方第二弾。
人事異動があっても製品や営業に関する品質(クオリティ)が変わらないということについて書いてみようと思います。

人によって同じ仕事をやっても結果が違うことってありますよね。
途中の過程が違うなら当然結果が違うのですが、これを同じ過程をたどるようにしれば同じ結果が出ると思います。
つまり、できる人の行動をマニュアル化すれば、理屈的には同じようにできる人が量産されるようになるわけです。

けど、いざマニュアルを作って、同じようにやってみても同じような結果にならない場合もあると思います。
その場合もそこで人間の差、というようにせずPDCAを回しましょう。
最初から完璧なマニュアルはないですし、顧客からの要望が変わればマニュアルも変わります。
新しい視点を入れていくのも大切ですし、漏れもあるかもしれません。
実はそのマニュアルを使うには関係ないと思っていた考え方や知識を導入する必要があるかもしれません。

改定履歴や顧客要望の推移を取り、できる人を何度もストーキングするように観察し、検証を重ねましょう。
ちなみにですが、あまりやりすぎると膨大な量になってしまうので、途中で分割とかしてスリムダウンしないと読まれないものになってしまうことあります(汗)
いきなり辞典を渡されても読む気は起きないですからね。まずは薄い本から、みたいな読みやすさを重視するといいです。

そしてある程度までのものが仕上がれば、新人でもすぐに100%とは行かなくとも、以前に比べれば格段に早く再現できるようになります。
そうすると新人教育も最終的には楽になりますし、会社としても利益を出しやすくなっていきます。また、①にも通じるのですが、属人化もなくなります。

ただ、途中にも書きましたが、マニュアルは作って終わりではないです。
常にアップデートが必要なものだと捉えてください。さもないとすぐに廃れる可能性があります。