緯糸入れトラブル ループ⑦

⑦枠高さのチェック

・下糸が基準よりも高かったり、低かったりしていないか

ワイヤーで枠を釣っている場合は数ヶ月に一度、もしくは織物替えのときに枠高さをチェックしてください。
ワイヤーは長時間使用していると若干ですが伸びます。
特に高密度、高速回転、静止角大の場合はより一層伸びやすいです。

下糸高さ参考値

上記の表はあくまで参考値です。もっと複雑な組織の場合は入れ口を観察しながら調整してください。
例えば、多重織の組織で組織ごとに継糸でつながっている場合、枠が全部上がったり下がったりします。
そのため、最も大きく変化するであろうと考えられるところで枠高さを合わせることが重要です。

 

 

TOPへ戻る