緯糸入れトラブル ループ①

こんな感じの緯糸止まりが多いときの対処法を書いていきます。
わりとチェックする項目が多いので、複数にわけて書きます。

①入口付近の耳の締まり具合のチェック
・まずヘルドや筬への通し違いがないかチェック
・織物にもよりますが、耳の部分だけは増し糸して強くしていたほうが耳の捌きがよくなることもあります。
・もじり糸が耳糸と一緒に入っていると基本的には耳が締まり、捌きがよくなる傾向にあります。
・もじり糸のテンションや材質に注意しましょう。テンションは高めの方が耳が締まる傾向にありますし、材質もポリよりは綿の方が締まる傾向にあります。(つるつるではないもの、伸度が少ないもの)
ただ、あまりやりすぎると弊害が出る場合もあります。例えば綿糸を使うと、ごみがつきやすくなってもじり糸上にだまができてしまうとか、もじりの巻きmが短くなって、頻繁に交換しなくてはいけなくなるとか色々あります。