ISO 9001を取得する企業としてのメリットとは ① 属人化を防ぐ

よく取引先から言われたので取得していますとか、とりあえずとっておいてます、など
ISOをあまり重要視していない企業が多いと思います。
そんな中でこのISO9001を役立てるための弊社としての考え方を書いていこうと思います。

まず導入するメリットがわかっていないと中々入れる気にならないですよね。
結構認証を取るのにお金も時間もかかるものなので、あまり役に立たないのなら入れたくないですよね。

では、シンプルに弊社が考える導入したほうがいいと考えるメリットは

「属人化を防ぎ、人事異動があっても品質が変わらなく、会社組織の状況確認もできる」

ということです。

属人化を防ぐというのは非常に重要なポイントだと思います。
なぜならその人がいなければ仕事ができないということを指していることだと思います。
仮にその人に人柄的に問題があれば、会社は利益を上げることに集中できなくなりますし、
人柄に問題なくとも、病気などにかかった場合にも会社は利益を上げることができなくなる可能性があるということだと思っています。

では属人化を防ぐためにはどうしたらいいのか、という話ですが
ISOにはPDCAサイクルというものがあります。
詳しくはググってください。
PDCAを回すためには少なくとも比較するものが必要です。仕事のやり方です。
マニュアルといってもいいと思います。これを使って人ごとに差異がでるなら、
それを埋めるためにはどうすればいいのかというようにPDCAを回し、マニュアルを更新していくと、
いつの間にか属人化がなくなっていく方向になっていきます。

重要なのは気質や人間性の差にしないことです。
気質や人間性の差にしてしまうと、会社としては使えないマニュアルができてしまい、
ISOを取得する意味がなくなってしまいます。

あくまで一例ですが…

よくメンテナンスを忘れてしまう人がいるなら気質や人間性の差にせず、
まずはグーグルカレンダーとtodoで管理してみて都度上司から一言入れてみてはどうか、

こんな感じで。
さらにそのためのチェックシートを別途用意するとか、そのチェックシートがないと査定に響くとか、
チェックしてないのにチェックしたみたいな嘘が発覚した場合の会社としての査定はこうとか、
定期的に外部の部署の人がチェックするようにするとか、外部の人も定期的に入れ替えるとか、
気質や人間性の差で話を終わらせなかったらここまでできます。
ぶっちゃけ「気質や人間性だ!」と言ってくるベテランでも割と忘れていたりするんですよね(笑)

逆に多すぎるのでアプローチを変える必要があるかもしれません。
例えばメンテと別業務を一緒にやっているなら素直に分けてしまう、別々に人を用立ててみるとかですかね。