クロスタイミングをずらすメリット

織機の開口が閉じるタイミングをクロスタイミングと呼びます。
(別名閉口タイムと呼ばれていたりします)
クロスタイミングが同一な場合とそうでない場合でどう違うのか、
どんなメリットがあるのかを解説していきます。

同一の場合だと経糸が一列に並ぶ瞬間があります。異なる場合だと経糸が一列に並ぶ瞬間はありません。

このメリットは特に高密度毛羽の多い糸で効果を発揮します。
同一の場合だと経糸同士が干渉して開口不良になりがちなときでも、
クロスタイミングが異なる場合だと干渉する割合が低いため、開口不良になりづらいです。

ただ、基本的にはこれができるのはトヨタ自動織機の電子開口のみです。
カム織機もできなくはないですが、限定的です。
電子開口以外のドビー織機やクランク織機では、
基本的にクロスタイミングを変えることはできません。