エアージェットのリード(筬)の違い

左が通常のエアージェット織機で使われるリード(筬)を横から見た図になります。
右が最新のトヨタ自動織機専用のリードでe-Reedと呼ばれる筬です。

 

主な違いは筬の下顎の形が異なる点です。
そのため、サブノズルがリードのトンネルに対してより近くまで配置できるようになり、
横糸滑走を補助する力が上がり、必要とするエアー量の低減が見込まれます。

 

この筬は特に大ロットを製織する時に効果を発揮します。
逆に言うと、同じ織物を延々と織り続けるような場合でないと効果を発揮するのが難しいです。