緯糸入れトラブル ショートピック・ロングピック②

② ソレノイドピン周辺の摩耗チェック

ソレノイドピンのブッシュが摩耗している場合があります。
摩耗しているとピンの動きを阻害します。一見してわかる場合もありますが、わからないばあいはピンのぐらつき具合から判断します。

また、ソレノイドピンの内部のクッション材が摩耗しているときもあります。
摩耗して、そのゴミが動きを阻害している場合もあります。これは分解してみないとわかりません。

最後にソレノイドピン自身が摩耗している場合があります。
ピンが一体型ではなく、先端部分だけ別構造になっている場合があります。
その場合、時折緩んでいたり、どっかに飛んでしまったりと構造的に弱い時があります。
また、測長バンドにあたって摩耗している場合もあります。

上記3か所の摩耗度を確認してみてください。