緯糸入れトラブル 大ループ④

④サブノズルの圧力チェックとドラムピンのタイミングチェック
織機の世代や、サブノズルの種類によって異なります。
基本的にはメインノズルの圧力以上に設定する必要があります。
新しい織機になってくるとメイン=サブの場合が、多いですが古い織機だとメイン+0.1~0.2Mpaくらいの圧力設定が必要な場合もあります。

また、ドラムのピンオープンのタイミングがも確認する必要があります。
基本的にはメインノズルが噴射するタイミングから-20°が基本になっています(豊田自動織機の場合)
この基本タイミングが変動することはあまりないのですが、メインノズルやタンデムノズルの微風が強い場合や、
糸が細い場合はタイミング遅めにずらすときもあります。
微風にのってメインノズルが噴射する前に糸がメインノズルから出てしまうことがあるからです。

この確認をするにはバルーンセンサーの値(ドラムピンの横についているセンサー)を見るのが一番わかり易いです。
ピンオープンのタイミングだけを変えて、To,T1の値が変われば糸が微風にのってしまっているということになります。