サイジング 通し方の違いの検証①

今回はサイザーの熱シリンダーの通し方を変えた検証結果を報告したいと思います。

まず今回使用するサイズボックは1つです。
次に熱シリンダーへの通し方を次のように変更して行いました。




①はサイズボックスから2つの糸シートに分割して乾燥するようにしています。
②はサイズボックスから糸シートをわけず、乾燥するようにしています。
どちらも全ての乾燥シリンダーを使うことには変わりませんが、1本当たりの糸が通るライン長は異なります。
そのため、1本の糸が通るシリンダーの数は最後の乾燥シリンダーを含めると、
糸シートを分割した場合は6本、分割しない場合は8本となり、約30%近く乾燥能力があがると考えていたので、その検証になります。
もちろん、オープンスペースや糊の濃度や粘度、絞り具合によって異なると思うので、まずはその1段階目の検証になります。

オープンスペース:60.7%(糸シートを分割した時のシリンダー上でのオープンスペースは80.4%)
糸種:10/1エステル

 ①シート分割の結果、上限速度は63y/min(後から記録を残しておこうと思って写真をとったので、ちょっと画像がおかしいです(汗))

 ②シート分割なしの結果、上限速度は83y/min

糊濃度や粘度、絞り圧は同一で行っています。
結果として、シート分割しないと乾燥速度に対して一定の効果が見込めそうです。
あくまで乾燥の結果だけなので、毛羽や縫合力はこれから確認・検証してみたいと考えています。