筬の空間率の検討すべき項目

織機の構成要素の内、筬という箇所があります。
この箇所で緯糸を経糸の間に押し込み、織物にしていきます。
一般的には平筬(ドラフレックスリード)と変形筬(トンネルリード)にわかれます。(細かく言うともっとあるのですが)

  

日本で作ってるところはだいぶなくなってしまいました。
弊社では高山リードさんへ依頼をしています。北陸の方にあるのですが、仕事が丁寧で実績もあります。

エアージェットでは変形筬を使います。
・エアージェットのリード(筬)の違い  ・筬計算方法(筬番手計算方式)
以前の投稿で違いと必要な計算方法を紹介していますので、そちらもよければ確認してみてください。

今回は筬への入れ方によって空間率が変わってくることについて説明しようと思います。
例えば1/2の綾織の織物があったとします。
基本的には筬羽への入れ方は1本入れ、2本入れ、3本入れのいずれかから選びますが、基本的には3本入れを選択する場合がほとんどです。
なぜなら完全組織が1羽の中で完結していたほうが通し間違えする確率がぐっと減るからです。
1本入れ、2本入れにすると、1本入れは問題ないですが、2本入れは変則入れになるため通し間違えしやすくやるメリットはほとんどありません。
ただ、お客さんによっては1本入れにしてくれ、という依頼はあったりします。
これは3本入れと1本入れを比較すると目が均一になるからです。
3本入れは3本の間に筬羽が筬打ちするので、どうしても寄りがちになります。
1本入れは1本の間に筬羽が筬打ちするので、完全に均一になります。

これだけ書くと、常に1本入れのほうがいいと思いがちになってしまいますが、実はそうではありません。
織物の規格から筬の規格が決まってきますが、筬の規格によっては1本入れにしてしまうと開口不良や経糸切れが多発し、製織できないこともあります。
例えば1/2の組織に使用される糸番手を10番手とし、筬番手(羽数/2インチ)を46番手の織物があるとします。

この時の糸太さは直径0.2997mm程度になります。
 Nは綿番手になります。

次に筬羽間距離は46番手の場合、1.1043mmになります。
 Nは筬番手になります。
筬羽の厚みは一応選択できるのですが、基本は0.22mmくらいだそうです。ミニマムは0.16mmだそうですが、織物の規格によってミニマムには設定できないみたいです。
薄すぎると壊れやすいですし、エア漏れも大量になってしまうそうなので。
では空間率を考慮するのは開口不良が関係する閉口時と待機状態時のときです。
開口時には上に2本、下に1本(逆でもいいですが)、閉口時には真ん中に2本、上に1本となります。
そうすると2本の状態は28.8%、1本の状態は64%になります。
(計算方法は (筬羽間距離-羽厚-糸直径×本数)/筬羽間距離 としています)

ではこれを1本入れに変更して考えてみましょう。
3本に1本でよかったところを1本ごとに入れないといけないので、3倍の羽数が必要になります。
そうなると筬羽間距離は0.3681mmとなり、1本時の空間率は-112%となります。

つまり糸が通らないということです。
もちろん、糸は剛直ではないので実際には通りますが、筬で糸が削られ、経糸に毛玉が大量にできる、もしくは切れます。

じゃあ、マイナスにならないようにすればいいのか、というとそういうわけでもありません。
毛羽の状態(サイジングや湿度による)によって筬で毛羽が取れ毛玉ができる場合もありますし、糸が均一に同番手ということはなくぶれますし、
単糸と双糸で糸直径が異なるからです。

ということで、筬の選定はある程度空間率に余裕をもたせ、無理のないように織れることを確認しましょう。
参考ファイルはこちらから。