サイジング オープンスペースの重要性と運用について

まだまだ技術的な知見が足りてない部分ではありますが、今の弊社の基準を記載します。

サイジングの糊をつけるときに糊箱に糸を入れ、その後ローラで絞ります。
このローラで絞るときの糸同士の間隔をオープンスペースと呼びます。

このオープンスペースが重要で、諸説あるのですが、大体45~40%を下回り始めると次のような症状が起こるといわれています。
① 糸が重なり合い、糊の絞り斑、付着斑が起こる。
② 糊付き付着量を多くするために糊濃度を上げ、その結果粘度が上がり、糊の浸透が悪くなる
③ 乾燥シリンダ上で糸同士の再付着が起こるため、デバイド抵抗が増し、毛羽、糸切れ、糊落が多くなる。

 

では逆にオープンスペースが大きいほどいい糊付けができるのか?ということですが、大きすぎても(大体70%超え?)次のような弊害が生まれます。
① 糸がシリンダ上でローリングする可能性がある。特にコンパクト糸は起こりやすい。
② 糸シートが綺麗そろいづらい。そのため、付着斑、絞り斑につながることがある。

以上の観点から通常のスパン糸は55~65%狙いで、ローリングが気になるものは50~60%狙いが妥当ではないでしょうか。
(糸が太い場合、20番手以下はもっとオープンスペースをとっても良さそうです。~80%くらい?)
それを踏まえ、1サイズにするのか、2サイズにするのかを決定します。
2サイズにしてもオープンスペースが困るようなものに関しては、サイズボックスからシート分割してさらに乾燥時のオープンスペースを増やすのが適当だと思います。
(古いサイザーの場合はサイズボックス後に分割できなかったり、1サイズしないところもありますが)
ただ、なるべくオープンスペースは広く取りたいです。というのも、基本的にはオープンスペースが広いほうがデバイド抵抗は低くなるため、毛羽は少なくなるからです。
そのため、どうしても極端にオープンスペースが小さくなるか、大きくなるかしかないような規格があったら大きく取るほうをお勧めします。ローリングを防ぐ機械のオペレーションはいくつかあるからです。

 

蛇足ですが、糊付け品質が悪い業者いると言うのをひと昔前には聞きましたが、糊が問題ない場合、おそらく規格がそのサイザーにあっていないのでは?と今では思います。

ちょっと古いですが参考文献もあります。
エ ア ジ ェ ッ トル ー ム用 糊 付 に関 す る2,3の 考 察